お茶会を開催して次のリピートが繋がらない理由

お茶会を主催しているかたが多いですが
集客に苦労されている人も少なくはありません。

一回10人集客しても
これを継続できていない…

その理由は“リピート”がおきていない!

と、ここまでの話はよくあることです。

ではわかっていても“リピート”を
意図的に起こせていないのには
ある行動ができていないからです。

それは【タグ付け】です!

お茶会を主催した後、
絶対にやって欲しいことは
参加者をタグ付けして
写真付きで投稿することです。

この波及効果、本当に すごいんです!!
Facebookのタグ付けから
自分では会えいないお友達へ

『認知→波及』の構図が出来上がるので
CM活動が無料で行えるのです。

つまりタグ付けすることが
次回の集客活動につながるのです。

私は今年、お茶会でも朝活でも交流会でも
自分が主催してきたものは
みなさんがよくやっている【タグ付け】を
欠かすことなくやり続けてきました。

そしてそれをやって半年後…

私が知らないところでいろんな方が
いろんなところでFacebook上で
お茶会をシェアしてくださる!

という現象が起きていたのです。

つまり私が告知する前から
いろんなところで告知がされているので
募集開始した時に満員御礼になる。

という仕組みが作られていたのです。

私がしたことは【タグ付け】

この威力をもっているのは
Facebookだけです。

いろんなSNSがありますが
ここまでの集客があるものはありません!

では【タグ付け】だけを行えばいいか…
これにプラスして【タグ付け】された人が
勝手に口コミをしたくなる仕組みも必要なのです。

=========================

人が口コミしたくなるとき

=========================

人が相手をいいな〜と思うのは
「自分の話を聞いてくれたとき」
なんです。

つまり自分の話や自分を承認してくれた人を
「いい人〜」と思うのです。

これをお茶会に反映させるのが大切です★
お茶会は“お客さまが主役”

ですので、
8割相手の話を聞き
2割自分が喋る。

このくらいの感覚で実施することです。
そして必ずお客さまのお名前を呼ぶこと。

こういった小さな信頼の積み重ねが
口コミを勝手にしたくなる
重要なことなのです。